Saya

アフターサイアフ 2017

 

 1年前の8月6日、札幌芸術祭で、私達テニスコーツは『テラコヤーツセンター「土砂」』と銘打った展示を行なっていた。寺子屋になぞらえた名前のごとく、みなさんに使ってもらえたらということで、楽器を持って集まってください、というチラシをお店など、期間前から市内の数各所に貼っていた(はず)。

 しかし、ホンマに楽器持った、知らない人なんて来るんかいな、と思いつつ、これからの予定を習字で書いたり、慣れない部屋でパタパタ準備していると、来た!楽器を持った女の人が!しかも、彼女が持ってきたのは、チューバというあまり演奏人口のいなそうな楽器であった。プラスチック製で黒色!あまりの嬉しさに興奮しながら、早速一緒に演奏を。私は独学したてのユーフォニウムで共演し(下手で驚いたろうな)、タカシはガットギター。一緒に演奏した後も、彼女は楽譜を出して、独り練習をしていた。ぜひとも楽団に参加してほしい。

 ちょうど、内覧会という、関係者や記者の方達がまわってこられて。この不思議な演奏会を遠巻きに?眺めて帰っていった。まだ、1日目だから何も出来てない部屋、しかも演奏していたので、お話もほとんど出来ず。どのような感想を持ち帰られたのだろうか。来られたみなさんの様子は面白かった。

 展示は、昼の12時から、夜の6時まで。部屋を閉めてから、OYOYOのドミューンライブへ行く。テニスコーツ、マンゴーが出演する。マンゴーの演奏がしっかりとキレていた。私達は、Wifiがない、とか、あのひと、などの曲をやった。

 OYOYOは、ウィアードメドルレコードの秋庭さんの企画で、かつてよくライヴをやらせていただいた思い出の場所である。それも、今回のOYOYO in 芸術祭にも繋がっているのだろう。このビルはなくなることが決まっているらしい、なんか寂しいなあ。

 自転車でこれから2ヶ月間滞在する天神山の宿舎へ。市内から、南へ40分〜50分ほど行ったところにある。公園を抜けて、豊平川を超える、ちょうど良いサイクリングコース。札幌へは12年ほどライヴで来ているが、この川の存在はずっと知らなかった。こんな風景が街のすぐそばに広がっていたとは。みんなが知っているけど、私にとっては初めての風景。札幌の友達のマイペースで、何事にも動じない、ゆったりした風情を浮かべ、妙に納得した。